不当解雇されたとき

不当解雇されたとき

不当解雇をされたら、どこに相談すれば良いの?

働くことで収入を得る、生活を成り立たせることにつながります。

そのため、日々、働き安定した生活を送る方もいるでしょう。
ですが、常に働くことができるとは限りません。状況によっては解雇されてしまう可能性はゼロではないためです。しかし、解雇はそう簡単にできるものではなく、企業側が一方的に解雇するということは不当解雇にあたるため、そのような場合には泣き寝入りするのではなく、しっかりと行動し対策をしていきましょう。

不当解雇

不当解雇されてしまうということは職を失うことでもあり、あせってしまい冷静な判断ができない状態に陥る方もいるため、まずは落ち着くことが大切です。しかし、冷静になってみれば強引に解雇できるものではないという点から、まずは相談することから始めましょう。

労働基準監督署では、労働者から申請をすることにより会社側に対して業務改善のための指導をしてくれます。また、労働組合に加入している方は、労働組合に相談することも一つの方法です。

団体交渉により会社が拒否できないというメリットはありますが、必ずしも解決に至るとは限らないため、対策の一つではありますが期待しすぎないことも重要です。

不当解雇

その他に相談する場合には、弁護士を頼るというのも一つの方法です。

法律の専門家であるため交渉事には慣れている点はメリットといえるでしょう。本人が会社側と交渉できるのが理想ですが、法律などの知識が乏しい点や交渉事に素人が挑んでも、相手側が優勢になる可能性のほうが高く、個人で立ち向かうにはかなり厳しいといえます。

不当解雇に詳しい弁護士に相談

その点から、専門家である弁護士を頼ることで自分の代わりに交渉の場に立ってくれるという点は大きなメリットといえるでしょう。ただし、弁護士報酬が必要となるため金銭面である程度の額がかかる点はデメリットともいえます。また、弁護士によって得意な分野があるため、きちんと不当解雇などに詳しい、慣れている弁護士を選択し依頼することもまた重要なポイントです。


信頼できる弁護士の探し方

弁護士は、共通して、法律のプロである事は間違いの無い事実です。

ただ、これまでの実績や経歴が多種多様ですし、個々により専門分野や得意分野なども異なるため、単に弁護士という広い肩書のみで選んでしまうと納得できる結果が得られなかったというケースはあるそうです。

そこで、自分にとって最も良い弁護士を選ぶためには、自身が抱えている悩みを解決するために相応しいか見極めるという事が大切になります。

日常生活において弁護士や法律事務所に携わる機会は多くないため情報収集の方法が難しそうに感じられますが、スマートフォンからアクセスできるインターネット上に各情報が記載され公開されているため、インターネットを利用してウェブサイトなどにアクセスし実績や経歴を判断材料として自分自身に最適な弁護士を見定めるようにしましょう。

弁護士

インターネットに記載されている情報のみでは不明瞭な点がある際には、気になる弁護士が在籍している法律事務所に対して電話などで問い合わせをしても良いのではないでしょうか。ポイントは、最もこだわっている点はあまり妥協する事は考えずに、自分自身がしっかりと納得できるまで情報収集に努めて最適な弁護士を選ぶ事です。

また、担当の弁護士と依頼主の間において費用や内容が起因となりトラブルが発生する事例もある様です。インターネットを利用し情報収集を行う時には費用についても十分に調べておく事が大切です。

特に重要なのはウェブサイトにおいて基本となる金額を明示している事や費用に関して内訳などの説明であり、その他にも相場に比べ著しく費用が安価である場合にも思わぬトラブルに見舞われる可能性がないかは少し注意が必要です。

そして、相性が良さそうな方を見つけ出せたとしても、双方の間でやり取りをしている時に対応に関して時間差が気になるようなら、本格的に依頼を行う前に考え直してみる事が安全策です。

対応に時間差が生じている場合は弁護士が抱えている依頼が多いという可能性が高いのですが、根本的に法律事務所としての組織のあり方が良くない事例もあります。

組織自体のあり方が良好ではない場合、重要な情報が担当者に伝わらないといった問題が起こりやすいため、迅速で風通しの良い法律事務所を選ぶようにしましょう。

少し探せば、例えば「東京都銀座の法律事務所」で探すとこちらの弁護士のように雰囲気が良さそうな法律事務所もあります。自分にあった弁護士の先生がいそうな法律事務所を見つけられると良いですね。

敷居が高いと思いがちですが、弁護士を味方につけるのは大事な場合があります

日々真面目に一生懸命生活していても、思いがけないトラブルや事故、もめ事に巻き込まれることは少なくありません。

例えば交通事故は自分が注意していても先方の運転が乱暴であれば避けられない場合もあります。親や親族が亡くなって予想外の相続問題が起こってしまったり、仕事場において不当解雇などのトラブルや問題に遭遇する場合もあります。

そのようなさまざまなトラブルに遭遇したときには初期にどの様な対応を行うかが重要で、動き方を間違うと後々大きな不利益を被るリスクもあるようです。とはいえ、もともとトラブルなどの経験が無く対応の仕方が分からない人がほとんどである為に、どのように対応していけば良いのか分かる人は多くありません。日本は法治国家でありトラブルの解決方法は、全て法律に基づいて行われるのです。

思いがけないトラブルに遭遇したときには、まずは法的な専門性の高い弁護士に相談することが最善の方法であります。

弁護士というと敷居が高いと考えてしまいがちですが、この専門家は依頼主の利益を一番に考えて助言やサポートを行ってくれるために、法的な専門性が高い最強の味方であるとも言えるのです。日本全国には数多くの法律事務所が存在していますが、数多くの事務所が初回の無料相談を行っています。

電話や面談などでまずは困っている今の状況やトラブルを話してどの様な解決方法が必要かを相談し、状況の整理と法律的なルール、対応の仕方の指針を授けてくれるのです。無料相談を利用すれば費用の面などを理由に足踏みする必要もありませんし、相続などの問題においては期限が決まっている手続きなどもある為に、可能な限り早く相談を行う方が後々を考えても安心なのです。

法律事務所にはさまざまな案件を取り扱っている弁護士が存在していますが、事務所によって得意とする分野の専門には違いがあり、解決実績の多い得意な分野を対応している事務所を見つけて相談する事も重要になります。インターネットなどで簡単に検索できるために、まずは調べて連絡を入れることが解決への第一歩になります。